金剛鎮守府日誌とは

西暦20**年。人類は滅亡の危機に瀕していた。突如深海より現れた異形の巨人『深海棲艦』によって、沿岸部の都市はほぼ壊滅した。ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、シドニー、そして東京……。
通常兵器では歯が立たない彼らに対抗するため、『深海棲艦』の細胞を利用して作られた兵器、それが『艦娘』。さあ彼女らと共に、この脅威に立ち向かえ!

……という脳内設定の元お送りする『艦これ』プレイ日誌。それが『金剛鎮守府日誌』。
どこのパシフィックリムだというご指摘は甘んじて受けます。あの映画大好きです。

ちなみに提督名である金剛ですが、某高速戦艦との関連はありません。
『艦これ』サービスイン直後の、ゲーム情報なんてほとんど出回ってなかった時期に登録したので、金剛という名前の戦艦がある事すら知らなかったんですね。
「海軍軍人らしい硬派な名前にするか。金剛なんてカタそうでいいな」
そんな安直な発想から付けられた名前なのでした。